読書・映画ログ

メインは読書・映画ログ、ときどき忘備録

映画「メン・イン・キャット」

By
437 views
約 2 分

評価:3.3/5

映画の主役をはるだけあって、猫がとても可愛い

あらすじ

主人公のトムは、一代で大企業にのし上げた敏腕社長。しかし、仕事一筋で家族を後回しにしてしまう性格。

ある日、娘の誕生日プレゼントを買う事になったトム。彼が向かったのは、怪しげな猫を専門にしたペットショップ。そこでモコモコした一匹の猫を飼う事に。愛称は「もこもこパンツ」。

娘にもこもこパンツを渡す前に、猫と一緒に会社の屋上から転落してしまうトム。奇跡的に一命は取りとめるも、まさかの意識が猫の中に。

そこから、猫という立場で家族と接する機会が生まれる。早く人間に戻りたいと思いながらも、猫として娘や妻と接するトム。普段全く取れなかった娘との時間も増え、少しずつ家族の愛情を自覚していく。

感想

猫好きという理由だけでタイトルに着目し、思わずみてしまった作品。主人公のトムが普段身勝手だからこそ、猫になっても家族に怪しまれないという点が面白かった。

話の中で気になったのが、息子のデビッドを助けるため、トムが人間に戻る選択肢を止め、彼を追いかけた事。結果的に人間に戻れたが、もし前者を選択肢を取っていたら、逆に人間に戻れなかったのかな?

ペットショップの店員が意味ありげな事を言っていたので、最後の試練として主人公に与えた選択問題だったのかもしれない。

メン・イン・キャット(吹替版)
(2017-04-26)
売り上げランキング: 46,142

About The Author

kuhh
面白かった本や映画の感想をブログにまとめています。読む本は、他の人のおススメやアマゾンの評価を参考に選んでいます。

映画は、もっぱらアマゾンのプライムビデオで見られる作品になってます。たまに、本や映画とは無関係な日々の忘備録を書く予定です。

Comments

*
*
* (公開されません)