読書・映画ログ

メインは読書・映画ログ、ときどき忘備録

映画「オーシャンズ13」

By
575 views
約 2 分

評価:3.2/5

非現実的な達成感を味わえる作品

あらすじ

オーシャンズシリーズの3作目。今回は、仲間の一人(ルーベン)がカジノホテル経営者バンクに騙された所から、物語が始まる。

バンクが新しいカジノ「カジノバンク」をオープンさせることを知り、ルーベンの仇撃ちとしてカジノへの侵入を試みるオーシャンズ。

具体的なミッションは、カジノの機器をコントロールして意図的に「当たり」を連発させる事・ホテルの格付け「ファイブダイヤモンド」を阻止する事・実物のファイブダイヤモンドを強奪する事。

おなじみのメンバーが適材適所に自分の役割を果たす事で、用意周到に事をなしていく。

感想

彼らに出来ない事はない、と感じさせるほど小気味良く段取りをこなすオーシャンズ。普通あり得ない事をやってのける彼らを見ると、鑑賞後に非現実的な達成感を味わせてくれる。悪役が嫌な奴という事も感情移入に拍車をかけているのかもしれない。

前作出演のベネディクトやナイト・フォックスが再び顔を出していたのも良かった。ファイブダイヤモンド横取りを試みるも、やはりオーシャンズが一枚上手で敗北を味わう彼ら。こういう映画の遊び心は、前作からのファンには嬉しいポイント。

ちなみに「シナトラとの握手」という言葉が再三出されるが、内容が良く分からない。知っている人には当たり前の話なのだろうか?

オーシャンズ13 (字幕版)

オーシャンズ13 (字幕版)

posted with amazlet at 18.07.30
(2013-11-26)
売り上げランキング: 76,576

About The Author

kuhh
面白かった本や映画の感想をブログにまとめています。読む本は、他の人のおススメやアマゾンの評価を参考に選んでいます。

映画は、もっぱらアマゾンのプライムビデオで見られる作品になってます。たまに、本や映画とは無関係な日々の忘備録を書く予定です。

Comments

*
*
* (公開されません)