読書・映画ログ

メインは読書・映画ログ、ときどき忘備録

旅行「ツール・ド・フランス 2017 in Düsseldorf」

By
440 views
約 3 分

2017年のツール・ド・フランス、30年ぶりにドイツがスタート地。しかも、日本人街でも有名なデュッセルドルフとなれば行くしかない・・・という事で、1・2日目のステージを見に行く事に。

第1ステージは、デュッセルドルフ市内を駆け抜けるタイムトライアル。残念ながら到着が遅れたため、あまり見る事が出来ず。それでもロードバイクのタイヤの回転する音や観客の興奮を感じる事が出来た。

↑選手たちが通り過ぎた後のコース。これだけ細い道を自転車で60km超えて走るのだから凄い。当日は、雨が降っていた事もあり路面環境・コンディションも悪い状態だったが、それでも凄いスピード感だった。

☆☆☆☆☆☆

2日目は、デュッセルドルフの町をスタートに、ベルギーへ移動していくコース。前日に場所取りが上手く行かなかったので、今度は良い場所を取れるよう早めにスタート地点へ到着。

スタート地点前には、ブースが用意されていた。おそらくメディア用のものだろう。規模の大きさが垣間見れる。

スタート地点も凄い人の数で、手を伸ばして何とか写真を撮るのがやっとだった。ただ、身近で選手がスタンバイしている姿を見る事が出来た。皆、チームのユニフォームを着てカッコ良い。

スタート地点からの様子。待っているうちに、スタートのカウントダウン開始。そして、あっという間のスタート。

すぐに選手達は見えなくなった。ただ、近場でまた選手たちを観れるポイントがあったので、移動する事に。

途中、サポートの車を何度か見かけたが、カッコ良かった。

☆☆☆☆☆

次のポイントは、選手との距離が近い所を取る事が出来た。ドキドキ。

いざ目の前に来ると、本当にあっという間。一瞬で彼方へ。↑何とか目の前に通った瞬間を取ったが、上手くピンと合わせられず。

☆☆☆☆☆

選手たちが去った後も、市内はレースの余韻が残っており、露店でオフィシャルグッズやレプリカのユニフォームの販売があり、それも楽しかった。

始めて生でツール・ド・フランスを見たが、あの狭い道を猛スピードで駆け抜ける場面は凄くカッコ良かった。

Comments

*
*
* (公開されません)