読書・映画ログ

メインは読書・映画ログ、ときどき忘備録

旅行「呼和浩特 草原宿泊&博物館編」

291 views
約 3 分

もう一つの草原

仮眠後に向かったのが、観光用の草原地。値段が高く、他のツアー者は行かない傾向らしいが、我々は記念参加。歩いて回るコースがある。

コースは上下の移動が激しく、特に急な所はゴンドラで下る。

f:id:my_roots36:20160805003445j:plain

こちらがゴンドラの景色。キレイな眺め。

f:id:my_roots36:20160805004127j:plain

明らかに人口的な滝のスポット。記念に一枚。

f:id:my_roots36:20160805004137j:plain

途中休憩所があり、一服しつつ曲芸を鑑賞。予想以上に凄く、思わず拍手の勢いが増す。

その後は、ひたすら歩いた記憶・・・苦笑。

f:id:my_roots36:20160805004139j:plain

こんな形で、険しい上り坂もあり大変だったが、最後は無事出発点へ到着。

2.キャンプファイヤー

その日、最大のイベント?がキャンプファイヤー

初陣を飾るのは、花火。

f:id:my_roots36:20160805005154j:plain

中々大きな打ち上げ花火で夜空をキレイに彩っていた。

その後、たき火の周りに集合し合図とともに爆音が鳴り響くwww。それに合わせて踊り始める人達。もちろん、我々も便乗して楽しむ。

f:id:my_roots36:20160805005446j:plain

中盤ぐらいから、年配の方が自慢の歌声を披露するのど自慢大会が始まる。その辺で部屋へ切り上げる私たち。

結局、その後も2時間ぐらい爆音が続く。終盤はカンナムスタイルの中国語版とか若者向けのラインナップ。楽しいイベントだった。

3.日の出

次の日、早朝から日の出を見学。空気が透き通っている、高地にある、

外観が草原といった好条件がそろっていたため、皆朝早くに起きて見学をしていた。

写真撮り忘れたのでUP出来ないが、やはりキレイだった。

4.博物館

そして、旅の締めが博物館。4階建てで、各フロアに4つほど展示コーナーがあり見応え満点。

特に、興味を引き寄せられたのは恐竜の展示コーナー。

f:id:my_roots36:20160805010649j:plain

本物か分からないが、この恐竜はかなりでかい。

イグアノドンの模型も発見。イグアナドンは現存する化石の中で最多と聞いた事があったが、やはり中国にもいたのだ。

5.終わりに

見学が終わると、空港へ向かい岐路に着く。それぞれ異なる所へ戻るため、空港が別れの場所。

友人には4か月振り、友人の同僚は初対面だったけど、分かれはやはり寂しかった。それでけ充実した旅だったという事。

未知との遭遇という意味でも、久々に様々体験出来た本当に良かった。ありがとう。

f:id:my_roots36:20160805011126j:plain

Comments

*
*
* (公開されません)