読書・映画ログ

メインは読書・映画ログ、ときどき忘備録

プーノ チチカカ湖

By
1239 views
約 2 分

次は、プーノの話。プーノの名所と言えば、世界一標高の高い(3850メートル)チチカカ湖。

チチカカ湖は、ペルーとボリビアの2か国にまたがる巨大な湖で、琵琶湖の12倍の大きさの湖(約8560平方キロ)。

 

僕たちは船を利用して、チチカカ湖の中へ突入する事に。

湖の中には、↑無数のトトラと呼ばれる植物が。この植物、実は大事な資源。これを格子状に積み重ね、人口の浮島(ウロス)を作り生活している人達がいるらしい。

↑ウロスに住む人たちの様子。普通に立つ事が出来る。観光客の我々も島に入らせてもらう事が出来た。

 

島に足を踏み入れると、島の雑学を聞ける事に。ここでは、印象に残った話を3つ。ウロス島の数と人口について。なんと60もの浮島が存在しており、2000人ほどの住民が住んでいるとの話。

 

もう一つは、小中学校がこの浮島内にあるという話。最後は、このトトラは食べる事も出来るらしいです。湖で生活をしている方を始めてみたので良い体験が出来た。

↑ちなみに、普通に花が咲いていたり、猫が日向ぼっこをしていたりもする。

現在は観光業が有益な収入源となっているようで、お土産なども売られていた。

 

以上がチチカカ湖。最後に、少しプーノの街並みを映した写真をアップして締めくくりたい。

↑市場の写真。お店ごとに売っている商品が重なっていた。

↑ヒツジやアルパカ達がたくさんいて、町に同化していた。

↑町で見かけた車とタクシー。

 

About The Author

kuhh
面白かった本や映画の感想をブログにまとめています。読む本は、他の人のおススメやアマゾンの評価を参考に選んでいます。

映画は、もっぱらアマゾンのプライムビデオで見られる作品になってます。たまに、本や映画とは無関係な日々の忘備録を書く予定です。

Comments

*
*
* (公開されません)