読書・映画ログ

メインは読書・映画ログ、ときどき忘備録

旅行「台北」

538 views
約 2 分

p1020824

 

研究室の友達と台北へ。昨今はLCCの影響もあり、気軽に行ける都市として人気。今回は、写真を交えて訪問地を紹介したいと思う。↑これは、千と千尋の神隠しのモデルにもなった九份。昭和の雰囲気を感じさせるレトロな小路が印象的な場所

p1020625

 

↑台北101の展望台から見た夜景。町全体が、台北101からの夜景を綺麗に見せるために光輝かせたかような艶やかさを感じた。

 

p1020696

 

↑台湾の家電通り。ちょうど、ASUS製のNexus 7(小型タブレット)が販売された頃だったので物色してみた。現地価格で安いというわけでもなさそうだった。

 

p1020796

 

↑九份近くにある十扮での一コマ。自分達が参考にしたガイドブックには載っていなかったが、たまたま同じ宿泊者の人に薦められて行った所。自然が満載で、意外と穴場の場所。彼らとは、一緒にご飯へも行った。医学部の学生さんらしく、解剖の授業の話等、普段は聞けない楽しい話が聞けた。これも、旅行ならではの貴重な体験か。

 

最後に、旅行中に感じた事をいくつか挙げて締めたいと思う。

 

1.サービス業の人達の日本語通じる率が高い(台北101タワーなど)

2.昔の日本にタイムスリップしたような雰囲気の場所があり、ある種の懐かしさを感じられる

3.町中を原付バイクがたくさん走っている。びっくりするぐらいの流量。

About The Author

kuhh
面白かった本や映画の感想をブログにまとめています。読む本は、他の人のおススメやアマゾンの評価を参考に選んでいます。

映画は、もっぱらアマゾンのプライムビデオで見られる作品になってます。たまに、本や映画とは無関係な日々の忘備録を書く予定です。

Comments

*
*
* (公開されません)