読書・映画ログ

メインは読書・映画ログ、ときどき忘備録

忘備録「マレーシア留学」

By
302 views
約 3 分
p1020213

 

2012年の8/3〜9/5までの約一ヶ月間、マレーシアに留学させてもらった。今回は、その時に感じた事・得た知識をまとめてみようと思う。

友人との出会い

ここでは、現地の英語学校に通いその寮に泊まって生活をした。ルームメイトは日本人・中国人・モンゴル人と入れ替わり立ち替わりの日々を過ごした。日本人のルームメイトとは、期間中ずっと同じで、特に仲良くなれた。

 

語学学校では、同い年の気の合う友人に出会う。彼は、在学中にフィリピンの留学経験があり、英語も堪能で知識も深い。彼の話を聞くだけで、色々勉強になるし背筋が伸びる想いがした。これからも友達でいたいと思える貴重な友達。

 

また、学校生活を通じてマレー人とも仲良くなれたり、セカンドライフを満喫する年配の人達からも色々話を聞けた。普段の大学生活では、決して接する事のなり貴重な体験。

 町での生活

私が滞在したクアラルンプール(KLは、多国籍の人達が入り交じるメトロポリタン。習慣や言語が異なる特有の雰囲気がある。日本人もセカンドライフを楽しむ人達が増加傾向で、彼らをターゲットにしたショッピングセンターやマッサージ店も散見された。

 

食に関しては、一つ思い出深い場所がある。大型ショッピングモールと共存する屋台だ。そこには、5RM(その当時で130円程度)でお腹いっぱい食べられるご飯屋があり、学校の昼休みに良く食べに行った。美味しいのに安くていう事なしだ。日本だったらありえない話。

 歴史・政策の話

滞在中に、マレーシアの独立記念日を経験した。植民地からの解放・独立を記念した日で、マレーシアにとって大切な一日。

 

独立に至る過程や日本との関係を一切知らなかったので、勉強にさせてもらった。自分がいかに無知かを痛感する思い。これからは歴史についてきちんと理解を深めていきたい。

 

最後は、ブミプトラ政策について。マレー人の地位向上を目的に建てられた政策で、マレー系の人達への経済的な優遇措置。日本とは違う多国籍国家特有の政策だと感じた。

 

About The Author

kuhh
面白かった本や映画の感想をブログにまとめています。読む本は、他の人のおススメやアマゾンの評価を参考に選んでいます。

映画は、もっぱらアマゾンのプライムビデオで見られる作品になってます。たまに、本や映画とは無関係な日々の忘備録を書く予定です。

コメント一覧

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

コメントはまだありません。

  1. […] 「マレーシア留学から学んだ事」 […]

Comments

*
*
* (公開されません)